G-SHOCK用カスタムパーツのご紹介

いつも当店のInstagramやオンラインストアをご覧いただきありがとうございます。FLANGE STRAPの東海林です。

この度新たに取り扱うG-SHOCK用のカスタムパーツについてご紹介いたします。今回お取り扱いを開始したのは、「ベルトアダプター」と、「メタルベゼル」の2点。まずは早速私物のG-SHOCK【DW-5600シリーズ】をカスタムしてみましたのでイメージ画像をどうぞ。

・ベルトアダプター:シルバー
・メタルベゼル:シルバー
・ベルト:【SILVER CONCHO】クロムエクセル ブラック

・ベルトアダプター:シルバー
・メタルベゼル:シルバー
・ベルト:【STUDS】ホースバット FLOWER

・ベルトアダプター:ブラック
・メタルベゼル:ブラック
・ベルト:【SILVER CONCHO】シェルコードバン ブラック


このような感じで、ガラッと雰囲気を変えることが出来ます!
次にそれぞれのパーツについてご紹介していきます。まずは「ベルトアダプター」について。

ご覧のように、こちらのアダプターをG-SHOCKに装着することで、一般規格のベルトを自由に装着できるようになります。例えば下の画像は、DW-5600に元々ついている純正のベルトなのですが、

このような特殊な形状の為、純正ベルト以外の選択肢というのが非常に少なく、自由にベルトをカスタムするのが非常に難しいんですよね…。

そこでこのアダプターの出番。こちらを装着することによって、ベルトの選択の幅が広がり、当店のベルトをはじめ、様々なベルトを自由に装着できるようになります。なお、こちらのアダプターはDW-5600は勿論のこと、DW-6900やGW-M5610、GA-110など比較的多くのモデルに装着が可能です。(*対応機種は各商品ページにてご覧ください。)

次に「メタルベゼル」について。こちらは【DW-5600シリーズ】と【GW-M5610シリーズ】に現在対応しております。

もちろんベゼルは交換せずに、CASIO純正のウレタン樹脂製ベゼルのままでもアダプターさえつければベルト装着は出来るのですが、スタッズやSILVER925コンチョが特徴である当店の革ベルトと合わせることを考えたとき、樹脂よりもメタルの方が相性良いでのは、という私の考え(好み)から導入致しました。

なお、DW-5600に似たモデルで、外装が元々金属仕様の【GMW-B5000シリーズ】がございますが、こちらのシリーズにも対応を開始しております。こちらも、アダプターを装着すれば当店全てのベルトが取付できるようになります。

「リーバイスで言えば501、コンバースで言えばオールスター」
十年以上前になりますが、私が時計店で勤め始めたときにこの5600(5000)シリーズについて当時の上司からこのように教わりました。この言葉の通り、まさに永遠の定番品であり、完成されたアイテムなのだと思います。だからこそ、それを自分流にカスタムしてより愛着ある一本として楽しんでいただきたいという想いを込めて、今回カスタムパーツの導入を決めました。是非お問い合わせ・ご注文をお待ちしております。
※こちらのパーツは、ベルトとのセット販売のみとなります。

≪ このブログでご紹介した商品 ≫
◆G-SHOCK用カスタムパーツはこちら

*****
最後にご紹介を一つ。今回取り扱うカスタムパーツはG-SHOCKカスタムパーツ専門店「GEARS CLUB」を運営するCross Well様にて製造されたパーツとなります(*GMW-B5000用アダプターを除く)。導入にあたり私自身もサンプルとして使用していましたが、パーツの精度も素晴らしく信頼できるメーカーさんです。「GEARS CLUB」には当店で扱いのないパーツなどもありますので、よかったらこちらもあわせてご覧ください。(下記外部リンク)
【GEARS CLUB】